2019年 10月 18日 (金)

ネットの「わいせつ図画」どうする? 警察の週刊誌「女性器アート」警告に素朴な疑問

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「女性器アート」の写真を載せた週刊誌2誌に警視庁が警告したことに、ネット上で「今さらなぜ」と疑問が噴出している。ネット上のニュースサイトやブログにもこうした写真はいくつも載っており、一体どうするつもりなのか。

   芸術か 猥褻か――。週刊ポスト2012年8月17・24日合併号には、こんな挑発的なタイトルとともに、「女性器アート」のグラビア写真が出てくる。

裸の下半身から形取った「女性器アート」

弁護士も苦言
弁護士も苦言

   その写真を見ると、石こうでかたどられているとはいえ、確かに様々な女性器のリアルな様子が表されている。それもそのはず、制作したイギリス人アーティストのジェイミー・マッカートニーさんは、女性たちに下半身裸になってもらい、実際に型取りしたという。

   お願いした女性は、日本人も含め世界各国の18~76歳までの571人。マッカートニーさんは、女性たちが性器コンプレックスに悩んでいるのを知り、こんなにも十人十色であり整形を考える必要もないことを訴えるために、5年がかりで集めたそうだ。ロンドンで展示会をしたところ、初日から800人が集まり、1週間延長するほどの人気だったという。

   ポスト誌のグラビア掲載も人気だったためか、週刊現代も9月15日号と22・29日合併号の女性器研究特集の中で、マッカートニーさんのアート写真を紹介した。そこでは、日本人の女性漫画家による女性器アートの写真も載せている。

   しかし、新聞各紙が11月21日から報じたところによると、警視庁の保安課は、アートの見た目は女性器そのものだとし、わいせつ図画陳列罪の可能性があるとして、9月に両誌編集部の担当者に口頭で警告した。子どもがコンビニなどで目にする恐れがあり、ふさわしくないというのだ。これに対し、週刊現代編集部では、マスコミ取材に対し、コメントすることはないとし、ポスト編集部では、女性にコンプレックスを抱かせないためのアート表現を伝えるため掲載したなどと説明した。

   一方、ネット上では、ニュースサイトやブログなどで、すでにマッカートニーさんのアート写真などはいくつも載せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中