除染土の貯蔵施設調査を受け入れ 福島県知事が表明

印刷

   原発事故での除染で出た土を保管する中間貯蔵施設について、福島県の佐藤雄平知事は2012年11月28日、環境省が行うとした候補地12か所の現地調査を受け入れると表明した。

   佐藤知事はこの日、市町村長らと協議して受け入れを決めたというが、建設そのものの受け入れを決めたわけではないとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中