2021年 5月 9日 (日)

【Net@総選挙】 第8回
だからオバマが勝った 史上空前のネット選挙、米大統領選の舞台裏

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「Four more years」(あと4年)―2012年11月7日(日本時間)、再選が決まったバラク・オバマ大統領の発した、たった3単語のこのツイートはたちまち数十万人にリツィートされた。オバマ大統領のツイッターのフォロワーは約2400万人。ツイッター選挙と言われた米大統領選を最終的に制したのはオバマだった。なぜ米大統領選はツイッター選挙といわれるのか。なぜオバマは勝てたのか、舞台裏を探る。

08年には「インフラ」はそろっていた

「Four more years」のツイートは81万回もリツイートされた
「Four more years」のツイートは81万回もリツイートされた

   大統領選で本格的にインターネットが利用されだしたのが04年。民主党のハワード・ディーン候補がブログを活用して大量の選挙資金を集め、また、「ミートアップ」と呼ばれるウェブサイトで集会の告知をしたことが知られている。だが、これらの盛り上がりは直接の投票行動にはあまりつながらず、ディーン氏は予備選の段階でジョン・ケリー候補に敗れている。

   08年にオバマ氏とジョン・マケイン候補が対決した選挙では、ユーチューブ、フェイスブック、ツイッターといった「インフラ」はひととおりそろい、情報発信などで活用された。なかでもオバマ陣営は、公式サイトに、支援を目的にしたSNS「マイ・バラック・オバマ・コム」を組み込み、「ファン層」との双方向の交流に力を注いだ。SNSを通して支持層の「友達の輪」が拡大し、集会の参加者もぐんぐん増え、とくに小口の集金活動で大きな成果を発揮した。

   しかしながら候補者がツイッターやフェイスブックで支持をよびかけるのは、実は「ネット選挙」での、アウトプットの最終局面と言える。長期の選挙戦では、それらの基礎になる情報やシミュレーションが重視され、そこでの蓄積が本番での勝敗を左右する。

   実際、4年後の12年のキャンペーンでは、この「インフラ」の活用はさらに洗練されたものになっていた。オバマ陣営では、08年に活躍したメンバーが、12年にも引き続きキャンペーンを担当。「サイバーメトリクス」と呼ばれるデータ分析の手法を活用した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中