2019年 1月 22日 (火)

宮根誠司に視聴者が「黙っとけ!」 専門家の話さえぎり、しゃべりまくり

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   日本テレビ系の情報番組「ミヤネ屋」2012年12月3日放送回で、笹子トンネルの崩落事故について専門家の解説を受けるシーンがあった。

   この中で司会の宮根誠司さん(49)が、専門家の話の途中で質問したり、事実確認のため口をはさんだりという場面がたびたび見られた。ツイッターなどでは、「最後まで話聞いて!」「黙っとけ!」などテレビ画面に突っ込みまくる視聴者の声が目立った。

専門家の話さえぎり質問・確認が30分中6回

   番組では12月2日に発生した山梨県中央自動車道上り線笹子トンネルの崩落事故について、トンネル工学に詳しい大阪大学の谷本親伯名誉教授に話を聞いた。

   谷本教授は大阪市のミヤネ屋収録スタジオではなく、東京・港区の日本テレビタワーから中継で出演した。なぜ天井板が落ちてしまったのか、事故が起こったら一般利用者はどうすればいいのか、今後の課題などを時折フリップを用いながら詳しく説明した。

   谷本教授の出演時間は約30分だったが、その間、宮根さんが教授の話の途中で質問や確認のために口をはさんだ回数は6回だった。教授の話をさえぎり、スタジオの解説委員に話を振る、というのも1度あった。距離が離れているため教授の話が少しスタジオに遅れて聞こえていたということもあり、教授と宮根さんの発言のタイミングが度々かぶってしまっているような印象を受けた。

   さらに教授がまだ説明しているのに、「先生の話を総合しますとね、」とまとめに入ろうとする場面もあった。最後は時間が足りなくなってしまったのか、宮根さんが簡単に「ありがとうございました」と言っただけで教授の出演シーンが終わってしまった。

「中継先と話すの下手すぎ」「宮根無視していいよ」

   放送中、ツイッターには視聴者のこんなツイートが投稿された。

「中継先と話すの下手すぎわろた」
「うるさ。専門家が話してる時は黙って聞いてろよ聞き苦しい」
「ある程度最後まで話聞いてあげて。イライラしちゃう」
「時間が限られるにしても聞きづらい」
「専門家の話もそこそこで見てるこっち疑問ばっかり増えるわ」

   また、2ちゃんねるの番組実況スレッドでも、「話さえぎんなや」「無視していいよ」「ちゃちゃ入れすぎ」など、宮根さんを非難する書き込みが並んだ。世間の関心が高い事故の話題だっただけに、宮根さんが詳しい解説に口をはさむのが余計に気になった人が多かったのかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中