「敗北に至った結果責任受け止める」 野田首相、民主党代表辞任を表明

印刷

   野田佳彦首相は2012年12月16日夜23時20分過ぎ、記者会見を開き、衆院選敗北の責任をとって党代表を辞任すると表明した。

   野田首相は、惨敗に終わったことについて

「大変民主党にとって厳しい結果になった」
「厳粛に、重く受け止めたい」

と述べた上で、

「政治は結果責任。このような厳しい敗北に至った最大の責任は党代表の私にある。その結果を重く受け止め、民主党の代表を辞任する」

と辞意を明言した。辞意は輿石東幹事長らに、すでに伝えたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中