2018年 7月 23日 (月)

AKB48卒業、河西智美「歌の実力」 「よしりん」は大絶賛するが…

印刷

   「自分の力でやってみたくなった」――。AKB48からの卒業を発表した河西智美さん(21)は、今後はソロで歌手としてやっていくそうだ。

   かねてから「ソロデビューが夢だった」という歌声を、AKBの熱狂的「ヲタ」を自称する漫画家・小林よしのりさんは大絶賛していた。

   その実力はどんなものなのだろうか。

「本当に声が可愛くて、しぐさや表情が色っぽくて、最高」

卒業を発表したAKB48の河西さん(12年11月撮影)
卒業を発表したAKB48の河西さん(12年11月撮影)

   河西さんはグループからの脱退を2012年12月17日のAKB紅白歌合戦で発表した。12月26日にはソロシングルのデビューが決まっており、ブログで「まだまだ未熟者の河西智美ですが ずっと夢だった歌手としての道をこれから少しずつ成長して進んでいきたいな。とおもっています」と語った。脱退の時期は未定という。

   2006年にAKB48に加入。2012年のAKB総選挙で12位に入るなど選抜上位の常連だった。しかし、「いきなり!黄金伝説。」(テレビ朝日系)の人気企画「1か月1万円生活」を途中リタイアしたり、握手会をたびたび欠席したりしたため、ここのところ批判を浴びていた。

   そんな中で、よしりんこと小林よしのりさんは、ブログで河西さんを熱心に擁護してきた。

「とも~み(河西)の甘ったるい表情と声!これはもうマリリンモンロー並みの悩殺シンガーである」
「とも~みの『キャンディー』はウルトラ最高超絶悶絶萌えなパフォーマンスだからね」

   ソロデビューが決定するや、ブログで「ばんざ――――――――い!」と大興奮、「河西智美は本当に声が可愛くて、しぐさや表情が色っぽくて、最高なんだ」とその魅力を熱く語っていた。

   さらに、ソロシングル「まさか」(12月26日発売)を、「河西智美の歌が上手いこと、上手いこと、声の可愛さにぴったり合って、最高の曲に仕上がってる!」とべた褒め。

   11月26日に東京競馬場パドックでおこなったミニライブにも、

「それにしても河西智美がソロで歌う『ヘビーローテーション』『フライングゲット』の上手さには驚いた」

と感想をつづり、とにかく手放しでの大絶賛だった。

「『AKBの中では上手い』という評価が今まで役に立ったためしがあるだろうか」

   ファンの間でも河西さんの歌を評価する声は以前から多かった。とりわけ、高く甘い歌声が人気のようだ。

「河西は声は良いんだし安定もしてるから歌手志望なら声量つけないとな」
「声で得してる部分あるよね河西って」
「河西さんの歌声に惚れたな。あと声量さえあれば個人的に一番」
「河西の高音は本人にとって武器だから大事にしてほしいわ」

   歌唱力については、ボイストレーニングをがんばっているという。たしかに、生歌ではAKBグループの中で頭一つ抜けている感はある。

   ただ、あくまでAKBグループ内でうまいというだけであって、本当に歌手として一人でやっていけるのかと言う心配の声がAKBファンからは出ていた。

「歌に限らず『AKBの中では上手い』という評価が今まで役に立ったためしがあるだろうか」

   こんな冷ややかな見方もないわけではない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中