2019年 12月 8日 (日)

スマホ使いすぎで小指が変形した! 「怖すぎる症状」の訴え増える

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「気が付いたら小指が変形していた」――そんな怖い症状を訴える人が相次いでいる。

   ツイッターなどで投稿されている写真を確認すると、小指の第1関節と第2関節の間の部分がへこむ、場合によっては指が半ば歪んだ状態になっている例さえ見られる。どうしてこんなことになってしまうのか。

海外では「テキスト・サム損傷」と呼ばれている

画像のような持ち方で、小指が変形する?(イメージ写真)
画像のような持ち方で、小指が変形する?(イメージ写真)

   原因ではないかと多くの人が疑っているのが、近年普及が著しいスマートフォンだ。スマホの持ち方には人によって差があるが、親指~薬指の4本で背後からホールドし、さらに小指をスマホの底に置いて支える、という持ち方をする人が多い。この持ち方をすると、ちょうど上記の第1~第2関節の間の部分に、スマホの重みがかかる格好になる。それが、小指の変形につながっているのではないか、と推測されている。

   ネット上では2011年ごろからこうした症状を訴える人が増え始め、スマホの一般化が進んだ2012年ごろからはブログや掲示板などで、「iPhone指」「スマホ病」などと呼ぶ人も出始めた。「変形」以外にも、小指が「しびれる」「痛みを感じる」あるいは「タコができる」といった症状を報告する人も少なくない。この現象を取り上げたNAVERまとめをきっかけにツイッターでもこの話題が広まると、

「うわ!!自分もなってた!!」
「今日改めて見たら私も変形してる…」
「私も凹んでる…気がする…」

といった叫びがあちこちから上がった。

   これら小指の「変形」のすべてが、スマホの使いすぎによるものかはわからない。一方海外ではこうしたスマホなどが原因で起こる指へのダメージはすでに「テキスト・サム損傷」と呼ばれ、問題視する声が広がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中