2022年 11月 29日 (火)

法大教授が同性愛を揶揄する投稿 批判が殺到、「性嗜好と性指向を混同」と謝罪

角型のメタルベゼルを採用した"PRO TREK"

   法政大学の教授がツイッターで同性愛を揶揄するような投稿をし、騒動になっている。

   性や恋愛の問題も扱ってきた心理学専門の教授ということもあって、アカウントあてには批判が殺到、教授が謝罪する事態となった。

「ロリコンや熟女マニアもサポートだな」

   問題となっているのは、法政大学文学部心理学科の越智啓太教授のツイートだ。

   2013年1月5日、ツイッター上に「同性愛サポートだと…神奈川県はじまったな」という文章とともに、横浜市を拠点に活動するNPO法人「SHIP」が作成した、セクシャルマイノリティー用相談ホットラインを紹介するポスターの画像が投稿された。

   これを見たと思われる越智教授が6日、「神奈川県、同性愛サポートか~次はロリコンとか熟女マニアとかもサポートしなくちゃな」とツイートした。

   すると、「性癖と混同されてもなぁ…。とりあえずこの方の中でこれら三つは同列らしい」「性指向と性嗜好の違いをご存知無いようですね。曲がりなりにも教授という立場の方が、偏見を広めるようなことをなさるのはどうかと思いましたので、抗議致しました」「これが学者の言うこと?同性愛を茶化すような言い回しといい認識の甘さといい、浅学が透けて見えるよね…」など、非難のツイートが続々と寄せられた。

   越智教授はこのツイートを削除し、7日に「先日、性嗜好と性指向を混同したツイートをしてしまいました。すみません。完全に私が間違っていました」と謝罪。直接批判を寄せてきたユーザーにも、弁解と謝罪を返信している。

姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中