2018年 7月 22日 (日)

米議員「慰安婦問題」で日本政府に謝罪求める決議案提出

印刷

   米ニューヨーク州上下両院の議員が2013年1月16日までに、旧日本軍の従軍慰安婦問題について日本政府に被害女性らへ謝罪するよう求める決議案を両院それぞれに提出した。1月17日、共同通信が報じた。

   従軍慰安婦について議員は「20世紀に起きた最大規模の人身売買だ」としており、「歴史的責任を認め、未来の世代にこれらの犯罪について教育する」ことを日本政府に求めている。決議案は今後一本化され、採択されるかどうかの投票が行われる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中