2018年 7月 23日 (月)

グリー、未成年の超過課金5544人に拡大 超過課金は4937万円に

印刷

   ソーシャルゲーム大手のグリーは、ゲームを利用した未成年者に設定した上限額を超えて課金していた問題で、対象人数が5544人にのぼったと、2013年1月18日に発表した。問題を公表した7日時点の733人から大幅に増えた。電子マネーなどの複数の決済システムで上限設定にミスがあったため、としている。

   当初約2811万円としていた超過課金総額も約4937万円となった。対象者にはメールで通知して、超過金を全額返金する。

   ソーシャルゲームの課金は未成年者の保護を目的に、12年4月から15歳以下は月額5000円、16~19歳は月額1万円を課金の上限額としていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中