中国の2012年GDP、実質成長率7.8% 13年ぶり8%割れ

印刷

   中国の2012年の国内総生産(GDP)の実質成長率(速報値)は、7.8%となった。中国国家統計局が2013年1月18日に発表した。政府目標の7.5%を上回ったものの、2011年の9.3%からは大きく鈍化。アジア通貨危機の影響で落ち込んだ1999年(7.6%)以来、13年ぶりに8%を割り込んだ。

   欧州債務危機の影響で輸出が低迷したことが響いた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中