東原亜希に「デスブログ」といいたてるのは「いじめ」 大学教授の指摘に賛否両論

印刷

   「デスブログ」―タレントの東原亜希さん(30)のブログに書き込まれた人物や企業、地域などに関する物事が高確率で不幸になる、という意味でこう呼ばれている。インターネット上のいわば「都市伝説」のたぐいだ。

   この「デスブログ」が週末、にわかに注目された。海外メディアに紹介されて、「世界デビュー」と話題になったほか、「デスブログとはやし立てるのはいじめではないか」と疑問を投げかける大学教授も現れ、議論を呼んでいる。

「787のトラブルの原因は『デスブログレディー』だ」

   「デスブログ」伝説の発端は、東原さんが2007年に出演していた「うまなで」という競馬番組だ。東原さんが本命予想で取り上げた馬がことごとく負け、そのうち3頭は骨折した。番組内で東原さんの予想フリップや競馬ノートを「デスノート」とネタにしたことが始まりだった。

   東原さんと08年に結婚した柔道家の井上康生さんは、結婚した年に五輪代表落ち、現役を引退した。このため、「東原さんはさげまんなのでは」という説が一気に広まった。それ以降、東原さんがブログで取り上げた物事に不幸が起こるたび、インターネット上で指摘され、「またデスブログがやらかした!」などと面白がって書かれる、という定番の流れが出来上がってしまっている。この「悪ノリ」がついに、海外でも取り上げられてしまった。

   2013年1月17日、ゴシップなどを掲載するアメリカの大手ブログメディア「ゴーカー・ドットコム」に、「ボーイング787のバッテリー炎上は日本人モデルのせいか?その通り」というタイトルの記事が掲載された。

「ボーイング787の度重なるトラブルの原因を、日本人は知っている―それは『デスブログレディー』とも呼ばれる日本のアイドル・東原亜希さんだ」

   こんな文章で始まる記事は、東原さんの「デスブログ」伝説を解説した上で、12年12月14日に東原さんが更新したブログを紹介している。そのブログには、「息子くん 飛行機がお気に入り」などと書かれ、日本航空(JAL)の飛行機のおもちゃの写真も掲載されていた。その約1か月後、火災や燃料漏れなどの問題が頻発したことを受け、JALは保有する全てのボーイング787型機で運航を停止、米連邦航空局(FAA)も国内の航空会社に787型機の運航停止を要請した、と書いてあり、ブログと787型機のトラブルを結びつけるような内容になっている。

   この記事は2ちゃんねるで「デスブログが世界デビュー」として紹介され、「ついに世界に出てしまった やばい」「いつか国際問題になりそうな気がする・・・」などと書き込まれた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中