2021年 1月 19日 (火)

大震災時の枝野氏「不眠不休」が判明 「4日間は1~2時間うたた寝程度」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2011年3月11日の東日本大震災直後から数日間「不眠不休で対応に努めた」と一時は賞賛された当時の官房長官、枝野幸男氏の睡眠時間が分かった。「1~2時間うたた寝した程度」だったそうだ。

   「枝野幸男さんとの語らい」と題する2013年1月24日付のブロゴスの記事中で、民主党の参議院議員・山根隆治氏が明かした。

「もっとスゴイ人」は福山哲郎参議院議員

震災に「不眠不休」で対応した枝野氏
震災に「不眠不休」で対応した枝野氏

   「枝野寝ろ!」「枝野寝て」――2011年3月11日に起こった東日本大震災の直後、ネットでは枝野氏の連日の対応が「不眠不休」状態で心配だと話題になり、こんな応援メッセージが相次いで寄せられていた。

   山根氏の記事によると、1月20日に枝野氏と同席した際に3.11当時の睡眠時間を尋ねたところ、

「椅子に座って4日間は1~2時間うたた寝した程度」

と言われた。

   これだけでも驚きだが、枝野氏の話では「もっとスゴイ人がいた」。それは当時副官房長官をしていた福山哲郎参議院議員で、いつも枝野氏を起こしていたというから、さらに睡眠時間が少なかったことが伺える。

   そこで後日、山根氏は福山氏にも水を向けた。やはり答えは「4日間は全く寝ていなかった」。「頭はまわっていたの?」と畳み掛けたら、「所々の記憶が消えている」と笑っていたそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中