任天堂が「Wii U」伸び悩んで2期連続の赤字に

印刷

   任天堂は2013年3月期の連結決算で営業損益が200億円の赤字になると13年1月30日に発表した。12年10月に発表した予想では200億円の黒字だった。通期の赤字は2期連続となる。売上高も前回発表の8100億円から6700億円に下方修正した。

   家庭用ゲーム機「Wii U」の有力ゲームソフトの販売が遅れ、「Wii U」本体の売り上げが13年1月に伸び悩んでいることと、海外での販売がハード、ソフト共に振るわないことなどを赤字の理由としてあげている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中