2019年 5月 24日 (金)

森永卓郎が「セックス格差の広がり」を指摘 お金がない若者は「生涯童貞」の危機?

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   非正規雇用で働く若者が増えていることなどから、「セックス格差」が広がっている、と経済アナリストの森永卓郎さん(55)が主張している。

   1000人以上の女性を相手にするお金があるイケメンがいる一方で、お金のない若者は女性と付き合えず、風俗店にも行けないため、「生涯童貞」の危機を迎えているというのだ。

   ただしネットでは「俺は無職だが彼女はいる」などと森永さんの意見に否定的な人が多く、若者や中高年のセックスを取材してきた専門家も「お金とセックスはあまり関係がありません」と話している。

風俗店に行くカネもない「生涯童貞」の危機

   月刊誌「SAPIO」の2013年2月号では、「セックス格差」の記事に森永さんの主張が掲載されている。かつての終身雇用では経済的な安定が確保され、モテなくても結婚することで最低1人の女性とセックスができた。現在は非正規雇用が増え、結婚できないどころか、風俗店にいくカネもないため「生涯童貞」の危機なのだという。

   記事では人口問題研究所の「結婚と出産に関する全国調査 2010年」から引用した童貞率を掲載した。20~24歳の未婚男性では40.5%、25~29歳では25.1%、30~34歳で26.1%が童貞で、その数は上昇傾向にあるという。

   そんな若者達の間に起きているのが「セックス格差」で、完全な自由市場、弱肉強食マーケットになっている。そのため、お金持ちのイケメンは数百人から1000人以上の女性と関係を持っているのに対し、一人の女性にもありつけないセックス弱者もいる、と分析、

「セックスブルジョワジーとセックスプロレタリアートへの2極分化だ」

としている。

   また、セックスにありつけない若者にも性欲はあって、そんな彼らがハマるのはアニメや恋愛シミュレーションゲーム。今後はダッチワイフが精巧化され人間と見分けが付きにくくなるし、低価格化が進むため、セックス弱者はこちらに流れ、「生涯童貞」がさらに増えていくのではないか、と予想している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中