2020年 11月 26日 (木)

AKB「恋愛禁止」に弁護士から異論 公序良俗に反し、民法上無効?

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   AKB48のメンバーに対してあるとされる「恋愛禁止」について、丸刈り騒動をきっかけに弁護士などから異論が相次いでいる。民法に当てはまる行為とされれば、無効になる可能性があるようだ。

「人として生きるな!って言われてるのと一緒だよね」

   女優の仲里依紗さん(23)は2013年2月3日、AKBの恋愛禁止についてツイッター上でこう発言した。

弁護士はブログで「人権侵害ではないか」

弁護士が恋愛禁止を批判
弁護士が恋愛禁止を批判

   AKBメンバーの峯岸みなみさん(20)がお泊まりデート発覚で丸刈り謝罪した騒ぎがあっただけに、発言はたちまちネット上で話題になった。そして、「もし恋愛禁止になったらどうしますか?」とツイッター上で質問が出ると、里依紗さんはすかさず返した。「その規則をぶっ壊す」「てか普通にガン無視する」と。

   AKBの恋愛禁止を巡っては、それを理由にした降格や解雇があったとしばしば物議を醸してきた。総合プロデューサーの秋元康さん(54)は、明文化したとは言っていないと発言したとされるが、ラジオ番組で「暗黙のルール」などと語っていた。さらに、メンバーらが、恋愛禁止の誓約書を書いたとテレビのバラエティ番組で発言し、いわば公然のルールとみなされている。

   そして、今回も峯岸みなみさんが研究生に降格となって、そのルールが生きていることが浮き彫りになった。

   これに対し、ネット上で異論も出ており、国際人権NGO「ヒューマンライツ・ナウ」事務局長の伊藤和子弁護士は2日、「AKB48 恋愛禁止の掟って、それこそ人権侵害ではないか」とのタイトルでブログを書き、問題提起した。

   伊藤弁護士は、「そんな個人の自由を禁止する就業規則があったら人権侵害で違法・無効であることは明らか」として、メンバーの降格や解雇について、「懲戒処分など認められないでしょう」と指摘した。みなみさんの丸刈り謝罪については、本人が自分の意志と言っていても、許可がなければありえないとして、AKBは「パワハラ的環境」にあるとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中