2018年 7月 22日 (日)

PM2.5問題で中国に「高い関心」伝える 菅官房長官

印刷
会見する菅義偉官房長官
会見する菅義偉官房長官

   微小粒子状物質「PM2.5」が中国から日本に飛来している問題で、菅義偉官房長官は2013年8日午後の定例会見で、外務省から中国側に対して「日本として高い関心を持っている」と伝えたことを明らかにした。あわせて、春節(旧正月)明けにも日中で協議し、問題解決に向けた協力体制について検討する。

   それ以外にも、環境省と外務省が連携して、「東アジア酸性雨モニタリングネットワーク」(EANET)を活用したPM2.5の観測網の充実を呼びかける。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中