2018年 7月 23日 (月)

「真犯人は別にいる」 遠隔操作事件で片山容疑者が説明

印刷

   遠隔操作ウイルス事件で逮捕された片山祐輔容疑者(30)が「真犯人は別にいる」などと話したと、弁護人の佐藤博史弁護士らが2013年2月14日夜の会見で明かした。各メディアが報じた。

   それによると、片山容疑者は、「自宅のパソコンなどから遠隔操作ウイルスの証拠が出るはずはない」と改めて容疑を否認した。犯人が記録媒体を埋めたとした雲取山に行ったことは認めたが、事件とは関係ないと主張しているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中