米アップルがハッカーの攻撃を受けたと発表

印刷

   米アップルは2013年2月19日に自社のコンピューターがハッカーの攻撃を受けたと発表した。フェイスブック運営会社が狙われたものと同じ手口だったが、情報の漏えいは見られないという。

   攻撃を受けたのは同社の従業員の一部の「Mac」利用者で、外部開発者向けのウェブサイトを閲覧したさいに、悪意のあるプログラムに感染した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中