マイナンバー法案、与党が了承 3月上旬にも国会提出へ

印刷

   自民、公明両党は2013年2月27日に開いた与党政策責任者会議で、国民1人1人に固有の番号を割り振って納税実績などを一元管理するマイナンバー法案について了承した。政府は3月上旬にも閣議決定して国会提出を目指す。法案は野田政権時代にも提出されたが、12年11月の衆院解散で廃案になっていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中