2018年 7月 18日 (水)

HIV感染女児が治癒 出生直後から抗ウイルス薬投与

印刷

   米国の研究チームが、エイズウイルス(HIV)に感染して生まれた女児に出生直後から抗ウイルス薬を投与したところ治癒した、と複数のアメリカのメディアが2013年3月3日に報じた。

   これはミシシッピ大学医療センターやジョンズ・ホプキンス大学小児センターなどの研究者たちがアトランタの学会で発表したもので、2010年7月に生まれた女児に出生30時間後からワクチンを投じ、2歳になったときにHIVが血液検査で検出されなくなった。HIVが完全に消滅したわけではないが、通常の血液検査では検出されないレベルになった。ただし、他の女児も同じ結果になるかどうかはさらなる研究が必要だという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中