片山祐輔容疑者を起訴 遠隔操作など3事件で

印刷

   遠隔操作ウイルスなどの3事件で、東京地検は2013年3月22日、IT関連会社員片山祐輔容疑者(30)をハイジャック防止法違反(運航阻害)や偽計業務妨害などの罪で東京地裁に起訴した。毎日新聞などが報じた。誤認逮捕での起訴は初めてだが、片山容疑者は依然、容疑を否認している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中