マレーシアに覚せい剤持ち込み 控訴審も邦人女性に死刑判決

印刷

   マレーシアに大量の覚せい剤を持ちこんだとして2011年に死刑判決を受けた日本人女性の控訴審で、首都クアラルンプール郊外の裁判所は2013年3月27日、1審を支持し弁護側の控訴を棄却した。

   この女性は2009年、クアラルンプールの空港に到着した際にスーツケースの中に覚せい剤を隠し持っていたとの罪に問われている。女性は「覚せい剤が入っているとは知らなかった」と無罪を主張しており、弁護側は上告するとみられる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中