2019年 12月 8日 (日)

和歌山県警科捜研主任研究員が書類捏造 毒物カレー事件捜査に波及する可能性ないのか

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   和歌山県警の科学捜査研究所(和歌山市)の元主任研究員が、証拠品の鑑定結果を上司に報告する際に書類を捏造した疑いがあるとして書類送検され、在宅起訴後に開かれた初公判で捏造の事実を認めた。

   この元主任研究員の勤務歴は25年以上に及び、4人が死亡した1998年の毒物カレー事件捜査にも関わっていた。不正は長期間にわたって行われた模様だ。カレー事件での不正は行われていないとされるが、同事件で09年に死刑が確定した林真須美死刑囚は一貫して無実を訴えており、再審請求中だ。科学捜査への信頼が大きく損なわれることになりそうだ。

別事件の写真やデータを流用して鑑定資料を捏造

   捏造を行っていたとされるのは、和歌山県警科学捜査研究所の元主任研究員、能阿弥昌昭被告(50)。

   起訴状などによると、能阿弥被告は10年5月~12年1月にかけて、変死事件など6事件の鑑定で、書類に過去の別事件の写真やデータを流用して証拠を偽造したとされる。12年6月には、警察署長宛ての鑑定書類に勝手に科捜研署長の公印を押し、決済済みを装って交付していたとされる。

   いずれも裁判の証拠には採用されなかったという。

   県警は12年12月17日に証拠隠滅と有印公文書偽造・同行使の容疑で書類送検し、和歌山地検が13年3月28日に在宅起訴していた。

   能阿弥被告は事件発覚後の12年7月に県警を休職し、書類送検された12月に依願退職した。

   13年5月8日に和歌山地裁(浅見健次郎裁判長)で開かれた初公判では、能阿弥被告は起訴内容について「間違いありません」と認めた。検察側は懲役2年を求刑し、弁護側は執行猶予つきの判決を求めて結審した。判決は6月13日の予定。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中