本田のPKでW杯出場決めた サッカー日本代表、ブラジル大会へ

印刷

   サッカー日本代表が2014年のワールドカップ(W杯)ブラジル大会出場を決めた。2013年6月4日のアジア最終予選で豪州代表と対戦、1-1の引き分けとなり、W杯への切符を自力でつかんだ。1998年のフランス大会以降、5大会連続の出場となる。ホームの試合でW杯切符を手にしたのは初めて。

   日本は後半37分に失点を許す厳しい展開となったが、後半45分に右ショートコーナーからMF本田圭佑選手のクロスを相手選手がハンドしてPKを獲得。後半46分、本田選手自らゴールを決めて同点とし、そのまま試合が終了した。

   試合後、アルベルト・ザッケローニ監督は「選手たちは本当によくやってくれた。W杯出場という最低限の宿題を果たせてホッとしているが、これからも世界を驚かすためにやっていきたい」と話した。また起死回生のゴールを演出した本田選手は「勝てなくて残念だったが、W杯出場を決められてよかった。PKは結構緊張したが、真ん中に蹴って取られたらしゃあないな、と思った」と得点シーンを振り返った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中