2022年 1月 21日 (金)

橋下氏「指原の総選挙1位、素晴らしい」 スキャンダルから這い上がった姿に共感!?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   AKB48選抜総選挙が終わってから、世間は1位に輝いた指原莉乃さん(20)の話題でもちきりだが、橋下徹・大阪市長(43)までも指原さんの功績をたたえる旨の発言をした。

   橋下市長と指原さんといえば、同時期に「週刊文春」にスキャンダルを報じられた「仲間」だ。いわゆる「従軍慰安婦」発言以来厳しい状況にさらされている中、指原さんの躍進は橋下市長にも勇気を与えたらしい。

「説明すれば理解されると思ってる。壁じゃなく見解の相違」

指原さんのように試練を乗り越えることができるか(13年5月撮影)
指原さんのように試練を乗り越えることができるか(13年5月撮影)

   橋下市長は2013年6月12日、大阪市庁舎退庁時の会見で、「指原さんがめげずに努力した姿に元気をもらったか」との質問にこう答えた。

「色々あるけれども頑張って、また返り咲くっていうのは、人生いいこともあれば悪いこともありますし、それでもしっかりあきらめずに頑張って、選ばれてセンターに立てるっていうのは素晴らしいことじゃないですか。人生80年90年生きてれば色んなことありますよ。でも指原さんのように、ああいう形で頑張られて、ファンの皆さんにしっかりと応援を受けて、こういう形になったっていうのは素晴らしいことだと思いますし、色んな方に元気を与えるし、頑張らなきゃっていう風に思うんじゃないでしょうかね。まあ一度や二度壁にぶち当たっても、さらに頑張ろうっていう元気を多く与えられたと思ってます」

   さらに記者から「橋下市長も乗り越える壁やハードルが多いが、ぶつかっても前へ進むという気持ちか」と聞かれると、

「僕はきちっと説明すれば理解して下さると思ってますから、壁というよりも見解の相違なので、慰安婦問題については日本人として何を考えて、どの部分をしっかり検証しなければいけないのかっていうのは、しっかりこれからも訴えかけていきたいと思います」

と返した。

   「日本のセンターを目指したい?」という質問には「そういうことは関係ないです」と即答だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中