2019年 10月 17日 (木)

橋下市長「小金稼ぎ」発言撤回、謝罪 水道橋博士「途中降板」騒動収まらず

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   タレントの水道橋博士さん(50)が、橋下徹大阪市長(43)の発言を受けてテレビ大阪の番組「たかじんNOマネー」の生放送を途中で退席、そのまま降板したことが話題になっている。

   視聴者から「逃げたのか」との声が上がったが、水道橋さんは「橋下氏のパロディーだ」と反論。これに対し橋下市長から大量にリプライが寄せられるなど、放送終了後も2人のバトルが続いている。

「小金稼ぎと言ったので、今日で番組を降ろさせていただきます」

   「事件」が起きたのは2013年6月15日放送の「たかじんNOマネー」でのことだ。橋下市長が生出演し、いわゆる「従軍慰安婦」問題をめぐる発言についてコメンテーターと徹底討論する内容だった。

   6月1日放送回で「橋下市長『従軍慰安婦発言』問題アリ?問題ナシ?」という質問に対し、コメンテーターは全員「問題アリ」としたのだが、視聴者投票では「問題アリ」2011票、「問題ナシ」7713票という結果が出たことについて、橋下市長は番組冒頭で「やはり有権者の方は冷静だなと。小金稼ぎのためのコメンテーターとは違いますよ」と発言した。

   その後、水道橋さんを含めコメンテーターと橋下市長が激論を交わしていたが、放送時間残り5分ほどで突然、水道橋さんが話の腰を折って「すいません」と切り出した。

「橋下さんが小金稼ぎと言ったので、僕今日で番組を降ろさせていただきます。(小金稼ぎとは)違います。3年間ありがとうございました」

   そして立ち上がってスタジオを後にし、とうとう放送終了まで戻って来ることはなかった。

   この様子を見ていた視聴者は、水道橋さんのツイッターアカウントあてに「逃げ出したwwwwwwだっせえwwwwwwww」「逃げるなー」などのリプライを飛ばした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中