2019年 1月 21日 (月)

「体調不良」矢口真里コラムも休載 レギュラー番組も全部消えで露出ゼロに

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   矢口真里さん(30)の「体調不良」はよほど深刻らしい。すでに1か月近く公の場に姿を見せておらず、とうとう文章仕事のコラムまで休載になってしまった。

   休載が明らかになったのは、雑誌「週刊ファミ通」(エンターブレイン)で連載している「ゲーマーです。」。2009年以来4年間続く長寿連載だ。

いっそ「逃げ切る」のも手か?

矢口真里さん、復帰はいつになるのか(2008年撮影)
矢口真里さん、復帰はいつになるのか(2008年撮影)

   不倫・離婚騒動以来、矢口さんは体調不良を理由に「雲隠れ」を続けている。そんな中でも「ファミ通」の連載だけは続いており、矢口さんにとっては唯一のメディア露出となっていた。

   しかし2013年6月27日に発売される最新号では、体調不良による「準備不足」を理由に、コラムが休載となることが、20日発売号で告知された。

   矢口さんは5月30日の離婚発表以来、すでに「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)など3本のレギュラー番組から降板している。このうち矢口さん自身がメイン司会だった「アメーバスタジオ 女子力cafe~やぐちんげーる~」(ネット配信)にいたっては、番組自体が終了に追い込まれてしまった。「ジョブチューン」(TBS系)、「福島をずっと見ているTV」(NHK Eテレ)の2本は今のところ籍が残っているが、こちらも出演は見合わせ中だ。このほかCMの降板、ディナーショーの延期などもすでに判明している。

   矢口さんは、これからどうすればいいのか。お笑いコンビ「平成ノブシコブシ」の吉村崇さんは23日放映の「サンデージャポン」(TBS系)で、

「ここまできたら、もうとことん出ないで逃げ切ったほうがいいと思うんですよ。都市伝説みたいになっちゃうまで」

と冗談交じりのアドバイスを送った。スタジオは大受けだったが、もはやそんな「失踪」論が、冗談に聞こえないのが現状だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中