6月の街角景気、3か月連続悪化 基調判断引き下げ

印刷

   2013年6月の景気ウオッチャー調査(街角景気)によると、足もとの景況感を示す現状判断指数は53.0で、前月比2.7ポイント低下した。内閣府が7月8日に発表した。3か月連続の悪化となり、内閣府は基調判断を「持ち直している」から「このところ持ち直しのテンポが緩やかになっている」に引き下げた。下方修正は8か月ぶり。

   2~3か月後の景気を占う先行き判断指数も2.6ポイント低下の53.6と2か月連続で前月を下回った。原材料価格などの上昇によるコスト増への懸念が高まったほか、株式相場の乱高下を受けて景気の不透明感が広がった。梅雨入りに伴い飲食やサービス関連で客足の鈍化もみられた。

   調査は景気に敏感な小売業など2050人が対象で、有効回答率は91.1%。3か月前と比べた現状や2~3か月後の予想を「よい」から「悪い」まで5段階で評価して指数化する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中