2019年 12月 7日 (土)

長崎のB級グルメ「トルコライス」 トルコ人が「難色」巡り、ひと騒動

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   トルコのシェフアソシエーション会長が、長崎のB級グルメ「トルコライス」に難色を示した、というニュースがネットで話題になっている。

   トルコライスにはトンカツがのっているが、イスラム圏のトルコでは豚肉は基本的にはタブー。そして、そもそもトルコという国と関係があるかも不明だ。

   そのため、ネットでは「関係ないくせに調子に乗るな」などと怒る人が出ていた。

   しかし、「真意が伝わっていない」と市の関係者は明かす。どういうことなのか。

「トンカツはトルコにはあり得ない」

 長崎名物トルコライス(C)ume-y
長崎名物トルコライス(C)ume-y

   長崎新聞(電子版)は2013年7月8日、「母国はトルコライスに難色」と見出しを打って、全日本司厨士協会の県会長・坂井洋司氏が13年6月に、親善目的で招待を受け、トルコを訪問したことを伝えた。

   記事によると、坂本氏らはトルコのシェフ・アソシエーションの会長に「トルコライス」を披露したが、「(イスラム圏のトルコでは)豚肉は食べない」などと指摘され、「難色を示された」という。

   トルコライスは長崎のB級グルメで、ピラフにトンカツとナポリタンを添え、ソースをかけたものだ。名前の由来は諸説あるが、「トリコロールライス」がなまって「トルコライス」になったのではとの見方が有力で、トルコと関係があるかは不明だと長崎市公式ホームページにも記載がある。

   このニュースに、ネットで憤る人があらわれた。

「交流の場でトルコシェフにトルコライスを紹介するとかバカだろ。トルコとなんも関係ないことは知ってるだろ。とんかつがのってる料理とかイスラム教徒の地雷をわざわざ踏み抜きにいくんじゃねぇよ」
「そりゃそうだろ。トンカツはトルコにはあり得ない。事前に調べてから行けば良かったのに」

   長崎市によると、こんな風に憤った人々から、問い合わせの電話もきているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中