2018年 6月 24日 (日)

朝日新聞なぜOK?「韓国起源説」まで… 韓国「旭日旗追放運動」は首尾一貫していない

印刷
「旭日旗を韓国が問題視するなんてことは、昔は全然ありませんでした。日章旗ならまだありましたが……すべて、この2年ほどの話です」

   1980年代、韓国で時事通信ソウル特派員を務めた評論家・室谷克実氏はため息をつく。

   韓国が近年旭日旗を「日本戦犯旗」と称し、国際的な「追放運動」を激化させている。旭日旗はアジア侵略の象徴であり、ナチス・ドイツのハーケンクロイツと同類――しかし無関係のデザインを「旭日旗だ!」と攻撃するなど、その主張はいささか常軌を逸している。ただ、中には朝日新聞社の社旗や統一教会旗など「例外」もあるようで……。

旭日旗そっくりの「マケドニア」とばっちり

上から日本のいわゆる「旭日旗」、チベットの国旗、マケドニアの国旗。よく似ていることがわかる
上から日本のいわゆる「旭日旗」、チベットの国旗、マケドニアの国旗。よく似ていることがわかる

   太陽の輝きをモチーフとした旭日旗には、世界中に類似した意匠が存在している。たとえば国旗では、マケドニアやチベットなどが旭日旗によく似たデザインとして有名だ。ちなみに少し前の韓国ネット上では、

「旭日旗は朝鮮半島・伽耶国の貴族が日本に持ち込んだ『太陽旗』が起源」

という「旭日旗韓国起源説」が囁かれていたが、これもその分布の広さゆえだろうか。

   特にマケドニア国旗は色が赤地に黄、模様も中央の円から8条の光線が広がるというもので、日本の旭日旗とかなり近い。ところがおかげで、「とばっちり」もあるようだ。

   2012年11月、サッカーの観客席の写真に写った「戦犯旗」が韓国ネットの一部で騒ぎになったことがあった。おのれ日本め、またやったのか――ところが、写真をよく見ればこれはマケドニア国旗だ。これはさすがに気づいた人が勘違いを指摘したが、韓国ネットユーザーの中にはマケドニア国旗に対し「それでも、やはりいい気はしない」と感想を漏らす人もある。さらに冗談か本気か判別しがたいが、マケドニア国旗の写真と政府サイトのURLを掲載し、「マケドニアの旭日旗使用に抗議しよう!」と訴えるサイトまで存在する。

   マケドニアに限らず、韓国では少しでも旭日旗を思わせるデザインを使えば、大企業やK-POPスターであってもたちまち総攻撃に遭う状況だ。もはや「旭日旗タブー」とさえ言っていい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中