桜島で大規模な爆発的噴火 観測史上最高の5000メートル噴煙

印刷

   鹿児島地方気象台は、2013年8月18日16時31分に鹿児島市・桜島の昭和火口で大規模な爆発的噴火があったと発表した。噴煙は最高で火口上5000メートルまで上昇した。朝日新聞によると、桜島の観測史上最も高い噴煙という。

   爆発的噴火は13年に入って500回目。気象庁の18日17時13分の発表によると、噴火は継続している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中