2022年 7月 7日 (木)

「あまちゃん」次週予告でネット騒然! 震災描写に「ちゃんと見れるか自信ない」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「震災を描くためのドラマではない」

   脚本を書く宮藤官九郎さんは「週刊文春」(2013年8月15日・22日 夏の特大号)で、次のように語っている。

「東北を舞台にしている以上、震災のことは書かないわけにはいかないんだけど、でもこれは震災を描くためのドラマではないんですよね」

   次週予告の最後には「そして2011年の夏が始まりました」のナレーションとともに、海女姿のアキが登場した。1週間で「3月」から「夏」までを描くとなると、宮藤さんの言葉通り、あまり深い震災描写はないのかもしれない。

   ネット上ではこんな声も見られる。

「あまちゃんだからきっと大丈夫だと思うんだけどね」
「このドラマで気を持たせる時は悪い方向には転ばないパターンなので大丈夫だと信じてる」

   放送も残すところあと1か月になって、関心も高まっているようだ。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中