2018年 7月 16日 (月)

ロンブー淳、みのもんた批判か? 「女性の尻を勝手に触るおじいちゃんになりたくない」

印刷

   お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さん(39)が2013年9月3日、ツイッターで、

「女性のお尻を勝手に触る様なおじいちゃんにだけは絶対になりたくない」

とつぶやいた。「みのもんたの朝ズバッ!」(TBS系)放送中に、司会のみのもんたさん(69)がセクハラまがいの行動をしたことを受けての発言と思われる。

事務所の先輩・今田耕司さんも言及

   8月30日放送の「朝ズバッ!」終了間際、CMからスタジオに画面が切り替わった瞬間に、みのさんがアシスタントの吉田明世アナウンサー(25)の腰から尻のあたりに手を伸ばし、その手を吉田アナが払いのける映像が流された。

   これを受けネットを中心に「生セクハラか」などと盛り上がり、田村さんの所属事務所の先輩である今田耕司さん(47)も30日のラジオ番組で、この問題を話題にする発言をしていた。

   9月2日には読売新聞の取材に対し、TBS広報部が、

「セクハラ行為があったとは認識していないが、紛らわしい行為だったため、今後このようなことがないよう番組担当者に口頭で注意した」

とコメントしたと報道され、3日の日刊スポーツでは、みのさん自身が、

「アナウンサーがトチった時に軽く突いたりするのは、僕としてはよくあることで、パワハラと言われるならまだしも、セクハラなんてとんでもない。そんな認識はないし、相手も戸惑っていると思う。このように報じられることに驚いている」

と取材に答えたと伝えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中