「婚外子」差別に違憲判決 最高裁

印刷

   結婚をしていない男女の間に生まれた子ども、いわゆる「婚外子」(非嫡出子)の遺産相続分を、嫡出子の半分と定めた民法の規定に対し、最高裁判所大法廷は2013年9月4日、「法の下の平等」を定めた憲法に違反しているとして初の違憲判決を下した。明治時代続いてきた民法の同規定は、改正を迫られることになると見られる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中