「はだしのゲン」教育現場から撤去を文科相に要請 つくる会

印刷

   新しい歴史教科書をつくる会(杉原誠四郎会長)は、漫画「はだしのゲン」を有害図書として教育現場から撤去するよう2013年9月11日、下村博文文部科学相に要請書を提出した。

   「はだしのゲン」は中沢啓治さんが広島での被爆体験をもとに描いた漫画。暴力シーンが出てくるなどの理由で12年12月から松江市内の学校図書館で閲覧制限がかけられていると問題になった。同市の閲覧制限は解かれたが、新しい歴史教科書をつくる会は漫画の中に「最高の殺人者天皇」といった天皇批判や、「太平洋戦争中に旧日本軍人が各国で約3万人以上の人を残酷に殺した」といった根拠のない誤った歴史が書かれていて学習指導要領に明らかに違反するとし、撤去を要求した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中