2020年 5月 27日 (水)

男児救助の中国人留学生、本国でも英雄に 「反日」新聞も思わず「日中関係改善だ!」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   台風による増水のなか大阪市で、川でおぼれた小学生を中国人留学生が身を挺して救出する「お手柄」があった。留学生には大阪府警から感謝状が贈られるなど、勇気ある行動が人々の賞賛の的となっているが、故郷の中国でもその活躍は大きく報じられ、「英雄」として称えられている。

   日中で時の人となったのは、上海出身の厳俊さん(26)だ。報道によれば厳さんは3年前に来日、来春からは大学院の博士課程に進学予定で、救出劇のあった2013年9月16日は淀川沿いの堤防で日課のジョギングを行っていた。

あの片山さつき先生も絶賛!

中国人留学生の活躍を紹介した「再現VTR」(騰訊網より)
中国人留学生の活躍を紹介した「再現VTR」(騰訊網より)

   この日の大阪は台風一過の晴天が広がっていたが、川は依然として大幅に増水していた。

「助けて!」

   そんな川から、子どもの声が響いた。厳さんが振り向くと、そこには今にも沈みそうになりながら、濁流の中を流される男児(9)の姿が。上流で写真を撮影中、足を滑らせて川に転落したのだ。

   厳さんはすぐさま、川に飛び込んだ。体力にはそれなりに自信があったが、流れは思った以上に早い。ひとまず岸に戻り、近所の人が持ってきたロープを体に巻きつけ、再び川へ。岸から約10メートル離れた地点で男児を確保したところを引き上げられたという。幸い、男児は大きなケガもなく無事だった。

   厳さんはマスコミの取材に偉ぶる様子もなく、

「助けなければいけない、と自然に思った」
「あの時は人を助けることがいちばん大事ですから、怖くなる時間はない」
「成人だったら子どもを助けるべきだと思う」

と、擦り傷だらけの手で語った。その振る舞いには日ごろ反中国的な声が多いネットでも感動が相次ぎ、あの片山さつき参院議員でさえ、

「中国人の組織的生活保護不正受給や、海外療養費詐取を、厳しく追及しておりますが、今日は淀川に飛び込んで子どもを助けてくれた中国人留学生がおられた、ということです。尊い行動に感謝し敬意を表します」

と賛辞を贈ったほどだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中