2019年 9月 23日 (月)

みのもんた「ラジオ復帰」で怪気炎 親の責任論一蹴し「おかしいね日本は」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   次男の逮捕によりテレビの情報番組出演を自粛しているみのもんたさんが、レギュラーを務めるラジオ番組に復帰した。記者会見では涙ぐむ場面もあったが、自身のホームグラウンドに帰ってきたためか、舌も滑らかだ。

   一連の騒動について、31歳で所帯を持っている息子の責任を親がとるべきとの声に「多くの海外の友人から『日本はおかしい』と言われた」と主張。テレビや週刊誌への批判を交え、引退報道などどこ吹く風だった。

自宅前を張り込む記者に「おしめでも用意しようか」

   冒頭から独演会だった。2013年9月21日に放送された文化放送「みのもんたのウィークエンドをつかまえろ」に生出演、いきなり「南無妙法蓮華経」とお経を唱えて「本題」に入った。

   次男逮捕や自宅前での謝罪会見などを報じるテレビ番組を録画して見たという。コメントをしていた多くの人に対して「もしあなたが私の立場ならどうなのかな、と思いながらお話になった方がいいと思いました」とチクリ。さらに、「私は海外に大勢友達がいるのですが」と前置きして、「おかしいね日本は、と言われました」。次男はすでに30歳を過ぎて自立した存在なのだから、いくら親だからといって自分が責任を問われる筋合いはない、というわけだ。

   事実みのさんは、TBSの「朝ズバッ!」などを降板するつもりはなく、続けてもいいと思っていたという。ただ番組プロデューサーに「公明正大な報道ができるか」を問われた時、次男の件は「どうしても身びいきになる」として自粛を決めたと説明した。

   次男の過去を報じた週刊誌を「いじめに近い、誹謗中傷」と非難。一方で自宅周辺に待機する報道陣には、「私も同じような世界に身を置いているので、ある意味同情した」そうだ。暑さの中何時間も「張り込み」を続け、近くには公衆便所もない場所。「玄関におしめでも置いて、飲み物でも用意してあげようか」と「みの節」を炸裂させる。さらに「今日の番組は、業界の方たちが99%聞いてくれている、うれしいじゃないですか」と皮肉交じりに話して、「今日、文化放送までヘリコプターで来て、パラシュートで屋上に降りてスタジオに入った」ととぼけてみせた。放送局に大勢の記者が詰めかけていたようで、「何を取材しにきたか分からないんですけどね」とくさした。

 
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中