2019年 11月 12日 (火)

「iOS7」に続きAndroidもフラットデザイン導入か ネットでは「せめて選ばせてくれ」という声も

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「iPhone登場以来、最大の変更」と米アップルが言うほど、iOSの最新版「iOS7」ではユーザーインターフェースがガラリと変わった。装飾を極力排した「フラットデザイン」を採用し、立体的でリッチなデザインから、シンプルで平面的なものになった。IT業界で盛り上がるフラットデザインの流れを受けて、iOSに続いてAndroidも最新機に採用するのではとささやかれている。

シンプルで平面的なデザイン

ユーザーインターフェースが大幅に変わった「iOS7」
ユーザーインターフェースが大幅に変わった「iOS7」

   フラットデザインは、立体感な表現をできるだけ使わず、シンプルな線や色だけでウェブサイトやアイコンを構成するというものだ。「iOS7」の場合、従来は日めくりカレンダーを模していた「カレンダー」のアイコンが、単色の背景に数字と曜日だけのシンプルなものに変わった。革や木材の質感を再現した重厚なデザインのアイコンのアプリなども、アップルの新たなデザイン基準では審査に通らない。

   アップルのiOSだけでなくここ数年、多数のIT企業がフラットデザインをウェブサイトや企業ロゴなどに採用し始めた。例えば、Googleも2013年9月20日、ロゴのデザインを陰影のある立体的ものから、平面的なデザインに変更した。米Microsoftなども同様にフラットデザインを導入している。

   こうした流行の背景には、現実世界の物体に似せたデザインを用いる「スキューモーフィズム」という考え方に対するアンチテーゼがあるという。従来はコンピュータに不慣れな人でも操作しやすいデザインがよしとされてきたが、ここ数年でスマートフォンやタブレットが急速に普及し、多くの人がコンピュータでインターネットを利用するようになり状況が変化した。

   アップルのインダストリアルデザイングループ担当上級副社長・ジョナサン・アイブ氏は、USA TODAY(9月19日)のインタビュー記事で、iOS7について言及しながら、「ユーザーはすでにガラスのディスプレイを触ることに慣れて、物理的なボタンが不要になった」「現実世界をそのまま参照する必要がなくなった」などと答えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中