伊豆沖転覆事故で中国人船員逮捕 注意怠り回避遅れたか

印刷

   東京・伊豆大島沖で2013年9月27日起こった貨物船の衝突事故で、下田海上保安部は29日、シエラレオネ船籍の貨物船ジィア・フイ号の当直担当者だった中国人船員(35)を業務上過失致死と業務上過失往来危険の疑いで逮捕した。この事故では、ジィア・フイ号と衝突した第18栄福丸が転覆、5人が死亡、1人が行方不明となっている。逮捕された中国人船員が見張りを怠り、結果ジィア・フイ号の回避が遅れて衝突したと見られる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中