2021年 12月 6日 (月)

剛力彩芽の「媚び方」はすごい! さんまもメロメロ、驚異の接待術

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   女優の剛力彩芽さん(21)は、ドラマやCMへの露出がなぜあんなに多いのかと、ネット上で度々驚きの声が上がる。その一方で、「ゴリ押し」だとの疑問も多いが、そこにはある秘密があったようなのだ。

   「いろいろと教わりたいんです」。剛力彩芽さんが、母親役を買って出た先輩女優の浅野ゆう子さん(53)にこう言って、じっと見つめる。

さんまにお土産攻勢をかけ、「大好き!」

接待術に賛否両論が(2011年12月撮影)
接待術に賛否両論が(2011年12月撮影)

   2013年9月25日夜放送のフジテレビ系バラエティ番組「さんまのまんま」スペシャル番組の1シーンだ。

   そんな彩芽さんに、ゆう子さんは「かわいいじゃない」。彩芽さんが好きな女性ナンバー1だという司会の明石家さんまさん(58)に至っては、もう「かわいいでしょ」とメロメロな様子だ。

   その後、さんまさんと2人だけになった彩芽さんは、お土産にルームウェア用のガウンを持ってきた。彩芽さんが「私もお揃いで」と同じガウンを愛用していることを明かすと、さんまさんは「やっ、どうしよう」と絶句。「似合います」と彩芽さんが相づちを打つと、さんまさんは「優しいねえ」とうれしそうだった。

   彩芽さんは前回、手作りのチーズケーキを持ってきたそうだ。さんまさんの誕生日には、お財布を買ってあげたという。さんまさんは、そのときを振り返って、彩芽さんが去り際に3拍置いて、「あっ、言い忘れてました。大好きです!」と言っていたと明かした。さんまさんは、彩芽さんから下の名前で呼ぶように廊下で言われ、人生で初めてそうすることにしたとも言った。

   番組では、同じオスカープロモーション所属のモデル鹿沼憂妃さん(24)らもゲストに招かれ、憂妃さんは、さんまさんのファンだと告白した。そして、憂妃さんが言うには、そのことを彩芽さんに楽屋で伝えたとき、「あー、ついにライバルが現れた」と言われたというのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中