2020年 8月 12日 (水)

朝鮮日報が読売社説を批判 日本読者からはこれに反発の声

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   韓国で最大部数を誇る朝鮮日報が、日本で最も部数が多い読売新聞の社説を批判する記事を掲載した。読売が朴槿恵大統領の外交姿勢を批判したのに対して、「関係の悪化の原因を韓国のせいにした」などと主張する内容だ。

   この記事は日本語版サイトにも掲載され、日本語版としてはアクセスランキングで上位に入るなど注目を集めている。記事に寄せられた日本側の声は、「読売が100%正しい」といったもので、さらに対立が深まりかねない状況だ。

読売「未来志向よりも過去清算にこだわるなら、信頼関係は築けない」

   読売新聞は2013年10月3日、「朴大統領発言 日韓関係改善の意思あるのか」と題した社説を掲載した。その中では、朴槿恵大統領が日韓米の安保協力を求めるヘーゲル米国防長官に対して「歴史や領土問題で時代逆行発言を繰り返す(日本)指導部のせいで、信頼を築けない」と述べたことについて批判を展開。

「訝いぶかしいのは、朴氏が日本の歴史認識にことさら焦点を当てる外交を繰り広げていることだ」
「朴氏が未来志向よりも過去清算にこだわるなら、信頼関係は築けない」

と、朴氏が歴史問題に固執していることが原因で、北朝鮮問題を始めとする日韓が協力して取り組むべき課題への対応が遅れていることを指摘した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中