2018年 9月 24日 (月)

「解雇特区」実現、見通し立たず 政府内でも厚労省は慎重姿勢

印刷

「ホワイトカラー・エグゼンプション」は見送る

   ただ、WGが当初検討した労働時間規制の特例導入「ホワイトカラー・エグゼンプション」(一定の年収がある場合に労働時間の規制をなくし、残業代や深夜・休日の割増賃金を支払わない)は、「議論を詰め切る時間的な余裕がない」(八田座長)として、今回は見送った。

   この問題の批判にはいくつかの論点がある。(1)解雇しやすくするのはいけない、労働者を大事にしない「ブラック企業」を野放しにする、(2)特区による規制緩和を突破口に、地域限定でなくやがて全国で解雇規制を緩める狙いではないか(3)労働規制が地域によって異なるのはいけない、全国一律であるべきだ――という3つだ。労働界から主に(1)や(2)の立場から反対論が噴出しているのは当然として、政府内で厚労省が(3)の考えから慎重な姿勢を崩しておらず、田村憲久厚労相は4日の会見で「労働者の権利の根源に関する部分に関しては、やれないことはやれない」と述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中