2020年 1月 19日 (日)

ユニクロ売上高、ついに1兆円超えたが… 国内は頭打ち、欧米開拓など課題も多い

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   カジュアル衣料店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの売上高が、日本の衣料品企業として初めて1兆円を超えた。中国をはじめとするアジアでの積極出店が実った形で、次の大目標である「2020年に売上高5兆円」について、柳井正会長兼社長は「十分達成可能」と強気だ。

   順風満帆にみえるが、不振の国内ユニクロの立て直しや、欧米市場の開拓といった課題も山積している。

上海には世界最大の旗艦店オープン

   同社が2013年10月10日発表した13年8月期連結決算は、売上高は前期より23.1%多い1兆1430億円、本業のもうけを示す営業利益は同5.1%増の1329億円、最終利益は同26.1%増の903億円と、いずれも過去最高を記録した。売上高は、ZARAを展開するインディテックス(スペイン)、H&M(スウェーデン)、ギャップ(米国)に次ぐ業界4位のポジション。Lブランズ(米国)を抜き、前年から一つ順位を上げた。

   好調の主因は、アジアへの積極出店だ。中国は80店増の225店、韓国は25店増の105店、台湾は20店増の37店に拡大。東南アジアでは6月にインドネシアに1号店を出したほか、来春にはオーストラリアに進出。9月30日には、中国・上海に日本の銀座店を上回る世界最大のグローバル旗艦店をオープンし、「大盛況」(同社)だという。海外ユニクロの売上高は前期より64.0%多い2511億円、営業利益は同66.8%多い183億円と、全体をけん引した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中