2018年 7月 23日 (月)

在特会、控訴 公式サイトでは「財政的に黄信号」

印刷

   朝鮮学校周辺でのヘイトスピーチを巡り、京都地裁で街宣禁止と1226万円の支払いを命じられていた「在日特権を許さない市民の会」が、2013年10月19日付で大阪高裁に控訴した。

   なお公式サイトでは活動費や裁判費用の増加のため「財政的に黄色信号が灯り始めている」として、ともに12日付で、会員に1人当たり1000円の寄付、また年会費1万円を納める「特別会員」参加を募る告知が相次いで掲載されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中