2018年 7月 20日 (金)

温室効果ガス濃度、過去最高を更新

印刷

   国連の世界気象機関(WMO)は2013年11月6日、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素などの温室効果ガスの濃度が2012年に過去最高に達したと発表した。9年連続での「記録更新」となる。

   大気中の二酸化炭素の平均濃度は、393.1ppm(ppmは100万分の1)で、前年比0.56%増となった。メタンと一酸化二窒素も、過去最高値を更新した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中