2018年 7月 21日 (土)

「辺野古移設」自民党沖縄県連が容認

印刷

   沖縄県の米軍普天間飛行場の移設問題で、自民党沖縄県連は2013年12月1日に開いた総務会で、名護市辺野古への移設について「あらゆる選択肢を排除しない」と容認することを決めた。自民党県連の翁長政俊会長は、「県外移設」という公約を守れなかったとして会長辞任を表明した。

   今後は、政府が提出した辺野古の海の埋め立て申請について仲井真弘多知事がどう判断を下すかに注目が集まる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中