「ルパン三世」の曲の盗作騒動に作曲者が「純粋な創作物」と反論

印刷

   韓国の人気アイドルグループ「Crayon Pop(クレヨンポップ)」の新曲「Lonely Christmas」が、日本のアニメ「ルパン三世」のオープニング部分を盗作しているのではないか、と地元韓国でも騒ぎになっている問題で、作曲者のギムユミン氏が2013年12月3日に自身のフェイスブックで「ルパン三世の曲を参考すらしていない純粋な創作物です」と釈明した。

   フェイスブックには、もし自分が「ルパン三世」のイントロ部分をコピーする意図があったとすれば、絶対に同じようには聞こえないように作ったし、そもそも「ルパン三世」という曲を全く知らなかった。似ているように聞こえるのは音楽ジャンルの類似性のためである、などとし、この2つの曲のコード進行やリズムなどを詳しく分析して見せた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中