自動小銃「AK47」開発 カラシニコフ氏が死去

印刷

   自動小銃「AK47」を開発したことで知られるミハイル・カラシニコフ氏が2013年12月23日、ロシア中部のウドムルト共和国で死去した。地元政府が発表した。94歳だった。AK47は1947年に開発され、冷戦時代には旧ソ連が社会主義陣営諸国に供与して世界中に広がった。耐久性に優れ扱いやすいことから、今でもアフガニスタンやアフリカの紛争地域でゲリラが使っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中