2018年 7月 24日 (火)

中国人乗った熱気球、尖閣周辺に着水 上陸目的を確認

印刷

   沖縄県の尖閣諸島沖では、2013年末から中国船などが5日連続で確認されている。

   NHKの報道などによると、14年1月1日14時26分頃、台湾当局から海上保安庁に「中国人男性1人が乗った熱気球が行方不明になった」と連絡があった。第11管区海上保安本部(那覇市)がヘリコプターで付近を捜索したところ、15時前に魚釣島の南約22キロの海上で不時着水しているのを発見し、近くに浮いていた中国人男性(35)を日本の領海内で救助した。男性は事情聴取に対し「魚釣島に上陸する目的だった」と話したという。

   2日には尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で、中国海警局の船2隻「海警2102」「海警2337」が航行しているのが確認された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中